トップ > 私が知っている看護師の世界 > 精神科看護師は、体育会系男子が重宝される?!

精神科看護師は、体育会系男子が重宝される?!

女性 20代
精神科4 年目

インドアな看護師

精神科病院4年目の看護師です。
転職歴はありません。
27歳、夫と二人暮らしです。
普段は、インドアな生活をしており、余暇には読書や語学の勉強、映画を見たりします。
夏は水泳もします。

働いている病院

精神科病院で働いています。
私の職場は、慢性期閉鎖病棟です。

患者さんのこと

慢性期の統合失調症・躁うつ病や知的障害のある患者さんがいます。

こんなスキルが身に付く

話術が身につきます。身体的には問題のない患者さんが多いので、手よりも口を使います。
理不尽な要求を、上手くかわすような話し方や態度が自然と身に付きます。

資格はこれがオススメ

特にありません。

この科の看護業務

鎮静剤を頓用で筋肉注射する機会がしばしばあります。
また、隔離拘束患者もいるので、拘束帯の設置やその後の管理能力も必要です。

勤務時間内に帰れる

休憩はしっかりあり、残業もありません。
勤務終了時間に帰れます。

この科の良い点

あまり血を見る機会がないことでしょうか。
あとは器材をあまり使いません。

この科の悪い点

他の科より患者さんから身体的・心理的に攻撃されることがあります。
直接的な暴言を患者さんから言われることがあります、例えば、死ね・ブス・無能・やめろなど。。。これはかなり堪えます。
この直接的暴言を上手く処理する能力が身に付けば良いのですが、これが理由で退職する人もいます。

興味のあること

やはり精神科です。
精神科の世界に慣れてしまったので、他の科で一から学ぼうと思わなくなってしまいました。

こんな人にオススメ!

性格でおおらかで、神経質でない人が向いてると思います、あとは喋るのが好きな人はオススメです。
体育会系の人は、重宝されます。職員は男性が多いので、男性看護師にオススメです。

私はこんなことを学びました

地域で暮らせない患者さんの辛さは十分理解できます。
でも地域社会の受け入れが、なかなか進まないのも1人の社会人として理解できます。
社会の限界と問題点がよく分かる科です。